掛川花鳥園に行ったら鳥がめちゃくちゃ好きになった!

鳥、好きですか?

大好きな人もいるでしょう。
苦手な人もいるでしょう。

でもほとんどの人がこうなんじゃないでしょうか。

「普通」

今回はそんな「特に鳥に興味持ったことないあなた」にこそ行って欲しい
掛川花鳥園のレポートです。

多分、鳥好きになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

掛川花鳥園とは

掛川花鳥園とは静岡県掛川市にある「花と鳥とのふれあい」が楽しめるテーマパークです。

屋内エリア、屋外エリア合わせてマジでとんでもない数の鳥が飼育されています。

公式サイトはこちら

[掛川花鳥園]花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク
ドライブ、観光、家族サービスなら『掛川花鳥園』へ。雨の日のデートコースにも最適です。静岡県掛川市にある花の中で鳥≪ふくろう、インコ、ペンギン≫と遊べるテーマパークです。

基本データ

【営業時間】
平日(月〜金)9時〜16時半(最終入園16時)
休日(土日祝)9時〜17時(最終入園16時半)

【入園料】
大人(中学生以上) 1200円
小学生 550円
幼児 無料

またこれ以外にも60歳以上の方へのシニア料金、
障がいを持つ方への障がい者料金、
15名以上の団体料金があります。

年間パスポートも販売しています。
年4回以上通うならばお得!

【アクセス】
住所:〒436ー0024 静岡県掛川市南西郷1517
車の場合:東名高速掛川ICより約5分
電車の場合:JR掛川駅より徒歩800m
また、JR掛川駅北口二番乗り場より市街地循環線(南回り)のバスだと約10分です。

「ふれあい」という謳い文句は伊達じゃねぇ

中の鳥はほとんどが放し飼いされています。

しかもめちゃ人に慣れている。

エサをあげられる鳥も多く、
インコなんかはエサ目当てに手に乗る肩に乗る頭に乗る。

サービス精神も旺盛で、シャッターチャンスをたくさん作ってくれるのでエサをあげてしまうあげてしまう。

やつら、策士だぜ……!

鳥たちを紹介

というわけで園内は写真OKだったので(フラッシュ撮影はNG)
ひたすらに鳥さんたちを撮ってきました!

撮りも撮ったり、ほぼ全種類!
あらかじめ言っておくね。

とんでもない量だよ。

ちなみにこれが全体マップです。


公式サイトより)

というわけで掛川花鳥園写真ツアーへ!レッツゴー!

世界のフクロウ展示エリア

まず入園口を入ってすぐ右手に見えるのが世界のフクロウ展示エリア
ガラス越しに沢山の種類のフクロウを観ることができます。

し……写真載せるけど、頑張って読んでね。
それくらい大量だから。


マレーウオミミズクさん


オオフクロウさん


トルクメニアンワシミミズクさん


アビシニアンワシミミズクさん


チャコモリフクロウさん


アフリカヒナフクロウさん


ナンベイヒナフクロウさん

……大丈夫?ついてこれてる?これで3分の1が終わりました。


フクロウさん
ここにきて普通のフクロウとは……!


メンフクロウさん


インドオオコノハズクさん


ニュージーランドアオバズクさん


アフリカワシミミズクさん


オナガフクロウさん


アカスズメフクロウさん
……こ、これで3分の2終わりました。あともう少し!頑張って!フクロウの気持ちになって!


ユーラシアワシミミズクさん


アフリカワシミミズクさん


ベンガルワシミミズクさん


アメリカワシミミズクさん


シロフクロウ(メス)さん


シロフクロウ(オス)さん


カラフトフクロウさん

以上!

世界のフクロウ展示エリアでした。

こういうのってざーっと観ちゃうとすぐ終わっちゃうよね。
一つ一つ観ていたらこんなに濃厚だなんて!

え?感想?うん。みんなそっくりだ。
どーれだ!って言われても絶対わからない。

そんなあなたの為に簡単なフクロウとミミズクの見分け方講座をするよ!
耳がピョンって出てるのがミミズク!
ぱっと見分からないのがフクロウ!

わー簡単!

さぁそれを踏まえてもう一回読んでみよう!
(さすがにもう一回はしんどいか)

ちなみにぼくも見分け方知らなかったので
全部同じに見えるなーって思いながら観てました。すいません。

それにしてもかなり見たな。
もう全体の8割くらい終わったんじゃないかな。

(左を見る)

に、入園口……!
なぜお前ここにいる……!

そう、これはまだ掛川花鳥園のほんの一部に過ぎなかったのです。

ディープ過ぎるぜ掛川花鳥園!

ペンギンプールエリア

そして中に入ると左手に現れるのはペンギンプールエリア。


うおおおおたくさんペンギンがいる!

そうかペンギンって、鳥か!
ここでは時間が合えばペンギンさんにエサやりができるのです。


すげえ勢い!
アジ美味しそうだった。

オシドリの池エリア

そしてペンギンプールエリアの反対側にはオシドリの池エリア

めちゃくちゃたくさんいるううう!

そして壁には一面にこの池にいるカモの説明がズラッと。
もうここだけで1日過ごせる!

あ、ちなみにオシドリはカモです。
鳥綱カモ目カモ科オシドリ属。
カモモクカモカってすごく言いにくい。

ちなみにここでもエサやりができるんだけど、
残念ながらお腹がいっぱいみたいで諦めました。

そうなんです。

相手は生き物。
こちらがエサをやりたくても、際限なくご飯を食べてくれるわけではない。

えー!せっかくエサを買ったのに食べてもらえないなんて!

しかし安心してください!

各所に配置されたエサ売り場では、今お腹が空いている鳥、お腹がいっぱいの鳥を把握していて

このようにパネルで今ご飯をあげられる鳥が一目瞭然なのです!
もちろんプロのスタッフさんがきちんと教えてくれるので、不明点も全部解消!

こういう細かいところにまで気配りが出来ているのが掛川花鳥園のすごいところ!

お花の下でお食事

そして奥に入ると休憩もできるお食事ゾーン!
しかしここは掛川花鳥園。
ただのお食事エリアではありません。

見よ!


どーん!

めちゃ綺麗!

そうか!花鳥園っていうだけあって、花もあるのか!

お食事を楽しみながら色んな綺麗なお花も楽しめる。
目でも鼻でも楽しめる、そしてもちろんお腹も大満足、そんな癒しのエリアなのです。

こんなフクロウの像もあったよ!

ちなみにこのお食事ゾーンの場所が本当に絶妙で、
全てのエリアのど真ん中にあるの!

屋内エリアの前半からも
屋内エリアの後半からも
屋外エリアからもすぐ来れるので
歩き疲れたり、ちょっと休みたいときには最適なのです!

か、考えられてるぅ……!

わくわくイベント会場

そして奥に進むとわくわくイベント会場。
ここでは毎日様々なショーやイベントが開催されているのです。

ここにもたくさん鳥さんいたよ!


ワライカワセミのララちゃん(左:メス)とラフくん(右:オス)


チゴハヤブサのアオちゃん


ベンガルワシミミズクのトコくん


メンフクロウの新(アラタ)くん


チャコモリフクロウのアモさん


モリフクロウのくくのちゃん


アメリカオオコノハズクの若くん


ウサギフクロウのつむぎさん
ウサギフクロウはフクロウなのに耳があるのね!


アフリカワシミミズクのいずもさん


ベンガルワシミミズクのルチカさん


ファラオワシミミズクのファランちゃん


アフリカオオコノハズクのポポちゃん
あの、「びっくりしたら細くなるフクロウ」としてテレビにも引っ張りだこの人気者です。


ピグミーファルコンの鈴(リン)さん


ヨウムのアンソニー


ヨウムのバロン

インコのスイレンプール

そしてそのまま奥に進むとなにやら人だかりが。

なんだ?と見ると彼らの手にはインコ!

このインコのスイレンプールではインコにエサやりができるんです!

おっかなびっくりな小さな女の子も
5匹くらい身体にインコまとって悦に入っているおじさんもいて
みんなとても楽しそうでした!


ぼくもエサをあげたよ!


平気な顔しといて鼻食われないかすごいビビってた。

エボシドリとヘラサギの広場

そしてその奥はエボシドリとヘラサギの広場
ここも放し飼いでエサをあげられます。

鳥の種類によってエサもちがうんだねぇ。


なんかすごい鳥いた!なんかすごい鳥いた!


他にもたくさんの鳥たちが!
多すぎて写真に収められなかったので壁の説明ボードでお茶を濁します。

ハシビロコウの森

屋内エリアの最奥部に位置するハシビロコウの森。

「動かない鳥」として有名なハシビロコウは
けものフレンズのキャラクターとしても有名ですね。


ふおおおお!いた!!!


かっこいいいい!!!

ブースの中は超満員。
人気者の風格を感じました。

オオハシとトキの水辺

そしてそのまま進路を進み、
次はオオハシとトキの水辺


クジャクいた!すげええええ!


オオハシ可愛い!
イラストみたいだ!


フラミンゴおおお!ピンクい!


ここにも壁には一面説明ボードが。
全部覚えていったら鳥博士になれそうだ!


きええええ!ってしてるフラミンゴいた

ハクチョウの池

そしてここからは屋外エリア!


なんと麦わらぼうしの無料貸し出しも!
なんて気がきくんだ……!


ゴミ箱も鳥仕様!
かわいい……!

ハクチョウの池ではハクチョウにエサあげたよ!

がぶり。

よく見てください。


がぶり

痛い。

よく見たら「ハクチョウさんは噛むからコップからあげてください」って張り紙あった……
気づかなかった……

ツルの丘

池の中を木の橋を通って移動していくとそこはツルの丘

この丘のツル要素を一手に引き受けるツルさんはこちら。


ホオジロカンムリヅルさん

髪の毛がパンキッシュ!

ペリカンの池

そしてその橋の終点はここ、ペリカンの池


ペリカン可愛いいい!

森のバードハウス

そして広場まで戻ってきて今度は森のバードハウス


ハリスホークのギンジさん


ハリスホークのナイトさん


ハリスホークのよしのさん

ごめんやっぱりみんな同じに見えるわ!
見分けられるスタッフさんすごい……!


ヒメコンドルのミヤビさん


ベンガルワシミミズクのニコさん


ワシミミズクのカムイさん
カムイって神って意味なんだよね!
ゴールデンカムイで読んだ!

エミュー牧場

そして大きな柵を越えて入ったのはエミュー牧場。

掛川花鳥園で触れる鳥の中でおそらく一番大きい。
小さい馬くらいの大きさある。

エサあげたけど、あまりのデカさに最中の写真は撮れず。残念。


野生!って感じした!

ヘビクイワシ

そしてここ!ヘビクイワシの小屋!

実は前のバイト先の先輩がヘビクイワシのキックくんの大ファンで
よく話を聞かされていたから今回来てみたのだ!

キックくんカッコいい!!!

キックくんは毎日朝10時半からショーをやっているんだけど、
さすがにその時間には行けなかったので今回は小屋で休んでいる姿をパシャリ。

気品溢れるわあ……!

ちなみにそんなキックくん大好きな先輩のブログ記事はこちら
よければ読んでね。

【掛川花鳥園】行ったことない人は確実に人生の半分損してる@静岡
みなさま連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?僕は連休最終日に掛川花鳥園に遊びに行って来ました。いやもうこの施設大好き過ぎて毎週でも通いたいくらいです。今日は掛川花鳥園についての話。

掛川花鳥園のここが良い

というわけで大量の写真とともにお送りしましたが、掛川花鳥園って本当素晴らしい!

正直ここまで楽しいとは思わなかったよ!

中でもぼくが感動したポイントがこちら。

園内の半分以上が屋内

読んでくれて分かったと思うけれど、園内の半分以上が屋内なんです。
だから雨天でも大丈夫。
そして屋外エリアは傘の貸し出しもあるので多少の小雨なら雨も余裕。

あと、空調完備なのも良い!

真夏でも真冬でも気温が調整されているのは
鳥さんにも嬉しいけど、お客さんのぼくらも嬉しい。

値段設定が良心的すぎる

園内には様々なサービスがあるんだけど、それがいちいち安い!
エサやりは100円(魚をあげるのは200円)
フクロウとの記念撮影は200円
ペンギンとの記念写真も500円
食堂のバイキングは1200円という安さ!

ぼくバイキング普通に3000円くらいすると思ってた……。

あ、あと画用紙で鳥さんの帽子を作れるんだけど、これはなんと無料!
すごい……!


日替わりの帽子はハシビロコウさんでした。

広さがちょうど良い

ひとつひとつ説明したので大量になったけど、
中はゆっくり観て回っても全体で3時間くらい。

とてもちょうどいい!
短すぎても物足りないし、
長すぎて1日で回れないのも果てしない。

疲れずに楽しめる一番ちょうどいい広さでした。

バードショーが楽しい

掛川花鳥園では1日に3回、バードショーが開催されてます。

その中の10時半のやつがさっき言ったキックくんのショーね。

どの回もめちゃくちゃ人だかりができて大盛り上がりなのだそう。

ぼくが観たのは15時の回の「トリチョイサーカス」
(ネーミングセンスが大好き)

超低空飛行で鳥が飛び交ったり
空中でエサを捕まえたり
後半は観客参加のパフォーマンスも!

火の輪くぐり!
みんなよく火の輪持てるなぁ!

団長のペンギンさん可愛い……!

来園した際はぜひショーも観てみてほしいです!

鳥かわいい

鳥さんかわいい。
鳥さんステキ。

それだけ。

まとめ

「鳥は好きですか?」
なんて聞かれても

「え?いや、普通です……」
って感じだったぼくが

3時間後には鳥大好き人間になっていました。

掛川花鳥園。
鳥が可愛くて、スタッフさんのサービス精神も旺盛で、本当に楽しいテーマパークです!

鳥が大好きな人はもちろん、
ぼくみたいに、鳥に今まで興味の無かった人にこそ行ってほしい!

最高に楽しいよ!

追伸。名古屋に帰ってからお腹が空いたので行きつけの焼き鳥屋さんに行きました。
ちょっと罪悪感を感じました。


関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告