【熱田区】宮の湯はコスパ最高のスーパー銭湯!【金山】

お風呂好きですか?
サウナは?
岩盤浴は?

ぼくはどれも大好きです!

今回は「岩盤浴とかサウナとか、興味はあるけどお金払って体験する勇気も無い」って人にこそオススメの、宮の湯のレポートです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

宮の湯とは?


宮の湯とは熱田区は金山にあるスーパー銭湯です。

天然温泉露天風呂 宮の湯
宮の湯は皆様の憩いの場、癒しの空間として様々なお湯をご用意して皆様をお待ちしております。併設された宮亭でのお食事や、湯美院でのマッサージ、カット、ネイルケアなどもご利用いただけます。ぜひお越し下さい。

金山駅から東へ、高辻の交差点に向かって進んだ新堀川沿いにあります。

アクセスは車が主になります。
公共交通機関を利用する場合、「金山駅」から市バスに乗り「池内町」下車。そこから徒歩2分!

基本データ

【営業時間】
朝10時〜深夜0時(最終受付 23時半)

【定休日】
毎月第3火曜日

【入泉料】
大人 平日620円 土日祝720円(会員はそれぞれ50円引き)
中学生未満 平日200円 土日祝250円
6歳未満 全日100円

・回数券(10枚綴り)5,650円(会員は5,550円)

・販売タオル 160円

細かいデータ

【靴箱】コイン式(両替機ありません)
【ロッカー】コイン式(近くに両替機有り)
【食事】有り
【ボディケア】有り
【垢すり】有り
【牛乳】有り!130円で販売!
【その他】タンニングマシン(日焼けマシン)有り

いざ入浴!

靴箱は100円を入れるコイン式のロッカーです。

入り口には両替機が無いので、細かいお金が無い場合は先に入泉券を購入しましょう(両替もできます)

券売機は一般的なタイプ!

浴場に行く時に入泉券を受付に渡す仕組みです。


入り口には館内マップが。

浴場とは反対側にくつろぎの間という休憩所があります!

くつろぎの間の利用時間は10時半から23時までです!
中には大きなテレビと休憩用のマットレスがたくさん!


(出典:宮の湯公式サイト
このタイプの広げても折りたたんでも使える2WAYのマットレス好き!


そして休憩所にはハンモックも!
楽しそう!

脱衣所のロッカーもコインタイプの鍵!
なので靴箱と合わせて200円必要です!
利用後は返ってくるけどね!

脱衣所には両替機が置いてあるので、お札しかなくても安心。
脱衣所には飲み物の自販機とタンニングマシン(日焼けマシン)も置いてありました!

お風呂!

内風呂は白湯に電気風呂、お楽しみの湯にバイブラバス、ストロングバス(ジェットバス)、そして水風呂!

露天風呂は炭酸湯に天然温泉露天風呂!

ここの露天風呂は月替わりで湧出地から直送された温泉を使用しているので、
月ごとに様々な温泉が楽しめるのです!

すげー!

他のお湯も軟水装置を利用した高純度軟化水を利用していて、
どことなく肌に優しい感じがします!

温度はぬるめが多く、ゆっくり落ち着いて入浴できる仕様!
たっぷり湯船に浸かって気持ちよかった!

サウナ!

サウナは一般的な遠赤外線サウナです。
湿度が高いので、すぐに汗が吹き出ます!

敷いてあるサウナマットは一般的なマットでなく、ゴワゴワの大きめなタオルでした!

水風呂はサウナを出たすぐ目の前にあります。
水風呂の浴槽は大きく、浅い部分と深い部分で中で分かれています。

温度は17度くらいかな。

露天の休憩スペースにはたくさんの椅子とリクライニングチェアが2脚。寝転がれる畳の休憩スペースもありました。
外気浴が捗る!

サウナの入り方についてはこちらもどうぞ!

【初心者向け】サウナのメリット・正しい入り方!
初心者にも分かりやすくサウナの入り方を解説します!サウナが苦手な人、あまり経験が無い人にもオススメ!

岩盤浴が付いている!

そしてびっくりしたのが、浴場の中に常設されている岩盤浴!

寝湯タイプのお湯を這わせた岩盤浴で、追加料金無しでそのまま利用することができます。

小さめのスペースだけど、岩盤浴って普通は別料金なのでなんか得した気分!
スコリア溶岩という石を使用しているようです。

その他気になったこと

なんといっても牛乳が安い!

ぼくお風呂上がりの牛乳が大好きなんですけど、スーパー銭湯だと値段が大体150円前後。
なんとここでは130円で購入することができます!

安い!
嬉しいねーー!

牛乳は脱衣所には無く、くつろぎの間の近くに自販機があります。
お風呂上がりにはぜひ!

そしてそのあとはくつろぎの間で休憩!
疲れが取れるねー!

まとめ

温泉やサウナ、岩盤浴までお手軽に楽しめてしまう宮の湯!

「わざわざ別料金払って岩盤浴もちょっと……」って人にこそ行ってみてほしいコスパ最高の施設です!

ぜひ行ってみてください〜!


関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告