【名古屋ビーズホテル】サービス満点のらくだの湯がとても良かった!

お風呂は好きですか?

ぼくは大好きです!

スーパー銭湯のお風呂も良いし、渋く地元の銭湯も良い。
たまには贅沢して健康ランドやサウナ施設に行くのも良い!

ん?
終わり?

まだありますよ入れる場所。

らくだの湯です!

というわけで今回はらくだの湯に浸かって
意外と知らない「ホテルの大浴場」を楽しんできました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

らくだの湯とは?


らくだの湯とは名古屋市中区のビーズホテル内にある大浴場のことです!

らくだの湯 | 名古屋 ビジネスホテル | ビーズホテル

このらくだの湯は宿泊者はもちろん、お風呂だけの利用もできるのです!


ばばーん!
入り口には大きく看板が。わかりやすい!

アクセスは伏見駅から歩いて5分くらい。
納屋橋のあたりなので名古屋駅からでも歩けないことはないです!(約15分ほど)

駐車場も完備されているので車でもアクセス可能!

また、名古屋駅から無料送迎バスも出ています。

交通案内 | 名古屋 ビジネスホテル | ビーズホテル

基本データ

【営業時間】
朝6時〜午前11時(最終受付 10時半)
午後2時〜深夜1時(最終受付 23時半)

年中無休

【入泉料】
オールタイム 1000円
(小学生以下はオールタイム 500円)

※金曜と日曜は「らくだの湯感謝Day」で半額の500円で利用できます。

バスタオル、ハンドタオルは付いてきます。
館内着を200円でレンタルすることも出来ます。
(館内は私服でも問題ありません)

いざ入浴!


というわけでやってきました名古屋ビーズホテル。

入り口に入るとすぐ目の前がフロント。
フロントでお金を払うと、タオルセットの入ったカバンをもらえます。

そのあとは右側にあるエレベーターで2階へ!
2階に着いたら大浴場のある南館へと移動します。

浴場に入る際に必要なのが、カバンについているICカード。

うーん、ハイテク!

出入りするたびに必要になるので、外に出る時も忘れずに。

風呂・サウナ

脱衣所は掃除が行き届いていて清潔感があって綺麗!

ドライヤーやティッシュ、綿棒はもちろん
歯ブラシ、カミソリ、くしなど無料アメニティも充実しています。

流石ホテルだねぇ!

お風呂は白湯とジャグジーと水風呂の3種類。
どれも適度に広くて気持ちがいいです。

水風呂は17度くらいだったかな。

サウナは横長のタワーサウナ。
小さめだけれど、マットも頻繁に交換されていて好感が持てます!

一つ残念なのが、休憩スペースが無いこと。
一応脱衣所に椅子はあるけれど、髪乾かしたりする人用のなので、休憩用には使えません。

休憩する際は一度服を着て浴場の外まで出る必要がありますね。

それさえあれば完璧なのになあああ!

サウナの入り方についてはこんな記事も書いています。よければぜひ。

【初心者向け】サウナのメリット・正しい入り方!
初心者にも分かりやすくサウナの入り方を解説します!サウナが苦手な人、あまり経験が無い人にもオススメ!

お風呂上がり

そしてらくだの湯はお風呂以外もすごいんです!


北館の奥にはなんとマッサージチェアコーナーが!


全部で11機あるマッサージ機。
もちろん無料で使えます。

時間を気にせず、マッサージ機を使える幸せ……!


そしてマッサージチェアコーナーの反対側にはなんとフィットネスコーナー!


ずらっと。


なんだこれ田舎のジムより充実してないか!?


そして自販機コーナーのソファには、これ。
真ん中の、なんだか分かります?


スマホの充電器!!コンセントまで!!

ビーズホテルさん、お客さんの気持ちめちゃ分かってるじゃないですか!!


自販機コーナーには、自由に使えるパソコンも置いてあります。

ちょっと仕事をして、疲れたらマッサージ機。
また仕事をしたら気分転換に運動して汗を流して、お風呂とサウナでリフレッシュ。

そんな使い方もできるんです!

最高じゃないか!!

ちなみに牛乳はこの自販機コーナーにあります。130円でした。
お酒もたくさん売ってたよ!

あと氷水が出るサーバーもありました。
(もちろんこれは無料)
脱衣所にあるウォーターサーバーも良いけれど、氷もいただけるのは嬉しいね!

ここまで充実したサービスが1000円!

しかも金曜と日曜はらくだの湯感謝Dayで半額の500円で利用できるんですよ!

信じられない!安すぎるよ!!

まとめ

「良いお風呂知りませんか?」と聞いて、
先輩に教えてもらったらくだの湯。

ホテルならではのこだわりが随所に感じられる、
スーパー銭湯とはまた違った、素晴らしいお風呂でした!

これは通いたくなるなぁ……!

とても綺麗なホテルなので、女性の方にもぜひオススメです!
ぼくも絶対また行きます!

ぜひ行ってみてください〜!


関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告