【ごんぎつねの湯】半田で見つけた最高に気持ちいい露天風呂【熱湯風呂】

めっきり冷え込む季節になりましたね。

こんな季節こそ温泉に浸かって温まりたい!

「でもせっかく温まっても、家までの帰り道で身体が冷えてしまう……」
そんな悩み、ありますよね。

もうお風呂に住まなきゃこんな悩みは解決しないのか……!

そんなことないんです!

というわけで今日は帰り道までポカポカになれる「半田天然温泉 ごんぎつねの湯」のレポートです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

半田天然温泉 ごんぎつねの湯とは?


半田天然温泉 ごんぎつねの湯とは半田市平和町にあるスーパー銭湯です!

ごんぎつねの湯

知多半島道路 半田中央ICから車で1分の場所にあります。
60台ほど停められる駐車場があるので車で来ているお客さんが多いですね。

基本データ

【営業時間】
朝10時〜22時半(最終受付 22時)

第2・4月曜定休日
(祝日の場合営業、翌日が休館日となります)

【入泉料】
・通常料金
大人 800円
中学生未満 400円
4才以上 200円
3歳以下 無料

・回数券(10枚綴り) 7000円

・販売タオル 300円
・販売バスタオル 700円

細かいデータ

【靴箱】100円玉タイプ
【ロッカー】受付でもらった鍵を使う指定タイプ
【食事】あり
【ボディケア】あり
【垢すり】無し
【牛乳】あり!140円で販売。

いざ入浴!


というわけでやってきましたごんぎつねの湯!

丸一日外で仕事をした帰りなので身体はもうキンキン&カチコチ。

早く温まりたい!

靴箱は100円玉を入れるタイプです!
利用後は返ってくるので忘れないように!

券売機で入泉券を買って受付に券と靴箱の鍵を渡すと、ロッカーの鍵をくれます。

入店早々びっくりしたのが、脱衣所が2階にあること!


和風な内装の細い階段を2階へ上がります。
もちろん服を脱いだら今度は全裸でこの階段を降りてくることになります。

ほ、本当にいいのだろうか。
(いいのです)

初めて利用する人はびっくりしちゃうね。

風呂場の手前にも小さなロッカーがあります。
そばに喫煙所もあるので、タバコとかを入れてる人が多いのかな。

鏡やドライヤー、ウォータークーラーもここにあります!

お風呂&サウナ

内風呂は白湯と水風呂、サウナのみのシンプルさ!

サウナは5、6人が入ったらいっぱいの、スーパー銭湯としては少し小さめのサイズ。
水風呂も小さめだし、街の銭湯って感じなのかなーと思いながらサウナを楽しんでいました。

(サウナも水風呂も気持ちよかったです)

そんなこんなでいい感じにととのったので露天風呂へ行ってみたらまたびっくり!

露天風呂がめちゃ広い!

目に飛び込んできたのはだだっ広い露天風呂と満点の星空。そして湯船を囲む日本庭園。

屋根が無いからか、ものすごく開放感があるの!

露天エリアは寝湯や打たせ湯、歩行湯など様々な湯船があります。

特にオススメしたいのが露天スペース奥にある洞窟風呂!

露天風呂の一角が洞窟へと繋がっていて、中に入っていけるのです。

薄暗い洞窟の中から外の月明かりを眺めて、ボーッと湯に浸かっているととてもリラックスできる!

泉質はナトリウム塩化物強塩泉という、結構強めの温泉です。
肌が弱い人はちょっとヒリヒリしちゃうかも。
口に入ると塩っぱいです。

ぬるぬるした肌触りがとても気持ちよかった!

そしてごんぎつねの湯といえば滝つぼ湯!

地下1500mの地層から汲み上げている天然温泉の温度はなんと59.2℃!

その源泉を3.5mの高さの滝から落として温度を調節している滝つぼ湯は愛知県屈指の熱湯風呂として知られています。

その温度……なんと……

45℃!!!

そんなの入れるの!?

露天風呂に浸かりながら周りを見渡すと、何人ものおっちゃんが普通に入っていく!
浸かっている時間は短いものの、みんな普通に入ってる!

結構余裕なのかしら?

そう思って隣の露天から腕だけ入れてみました。

熱湯じゃん!!!

これはやばい!
え?腕ある?溶けてない?

などと一人でぎゃーぎゃー言っていると、ちょうどさっき浸かっていたおっちゃんがぼくに一言。

「にいちゃん初めてか?」

何そのカッコいいセリフ!

どうやら初めての人が怖気付いてしまうのはあるあるらしく、色々とアドバイスを頂戴しました。

気づけば周りにはぼくを見守る何人ものおっちゃん。

(ここまで来て入れませんとは言えないぞ……)

勇気を振り絞ってえいやっと湯船に脚から入ってみました。

死ぬほど熱い!!!

「そこや!一気にそのままいかな入れんぞ!」

何この修行!
無理無理無理無理!

そうして脚だけ浸かってやっぱ無理だを何度か繰り返して、
なんとなくコツを掴んできました!

・確かに一気にいった方が楽。
・というか一度止まってしまうともう無理。
・表面が死ぬほど熱いけど、中は死にそうなくらい熱い程度。

つまり一気にいけ。

いくぞーー!
えいやっ!!!

うおおおお死ぬほど熱い!
でも!なんか!気持ちいい!(いや熱い!)
粘性の高い温泉だからか、身体を熱がゆっくりと包み込んで芯から温まる!(死にそうに熱い!)
これめちゃくちゃ気持ちいい!(めちゃくちゃ熱い!!!)

なんだかんだと30秒くらいは浸かっていられたのかしら。

おっちゃんからも「初めてでそこまで出来たら上出来だ」とお褒め?の言葉もいただき、
ぼくの熱湯風呂チャレンジは幕を閉じたのでありました。

やり遂げた気持ちで内風呂に戻って身体を見たらびっくり。

全身真っ赤っか!

ゆでダコみたいになってる!

いや〜やっぱりおっちゃんたちすごいな〜と思っていたら、戻ってきたおっちゃんたちの身体も真っ赤っか。

やっぱり熱いって感覚は変わらないのね。

お風呂上がり

お風呂上がりはやっぱり牛乳!

自販機コーナーには無かったのでお店の人に聞いてみると、無料休憩所にあるとのこと。


無料休憩所はお風呂とは別の棟にあります。

こんなところがあるのか!
言われなかったら気づかなかった!

中は食堂になっていて、食事をしない人も自由にくつろげるようになっています。

置いてある漫画も読み放題!
ラインナップはかなり懐かしい。
昔ならではの喫茶店に置いてありそうな感じです。

テレビもあるし、皆各々の過ごし方でお風呂上がりのひとときを過ごしていました。

牛乳美味しかった〜

まとめ

あまりの寒さに飛び込んだ半田のごんぎつねの湯。

飛び上がるほど熱いとろとろの天然温泉で身体の芯から温まりました!

その後1時間ほどバイクで走ったんだけど、全然辛くなかったもの!

いや〜、すごい!

寒い冬こそ、ごんぎつねの湯!
オススメです。

お近くに行った際はぜひ行ってみてください〜!


関連コンテンツとスポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告